FC2ブログ

小説や評論を書きつつ短歌も作っている私の読書日記。毎日出会うさまざまな本への思いを中心に、日々の出来事やその感想についても綴ります。おつきあいいただければうれしいです。

ドストエフスキー「カラマーゾフの兄弟」

「カラマーゾフの兄弟」を夢中で読んでいるところです。
ドストエフスキーは以前に「罪と罰」を読んで、どうもピンと来なかったのですが、いろいろな人が誉めているのを読んで、なんとか理解できるようになりたいと思っていました。

「カラマーゾフの兄弟」も、最初のほうはあまりピンと来なかったのですが、上巻の後半になってやっと面白くなってきました。人間を観察する視点がすばらしいと思います。主人公のアリョーシャという青年の純粋無垢なところが魅力的です。

全部読み終えたら改めて感想を書きたいです。上・中・下巻とあってまだ中巻に入ったばかりなので、先は長いのですが。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Serenie

Author:Serenie
セリーニーと読みます。東京に住む女性です。
小説や評論を書いています。短歌も作ります。
翻訳の経験もあり、訳書が一冊あります。
趣味は読書のほか、音楽・演劇・美術鑑賞など。

アクセスカウント