FC2ブログ

小説や評論を書きつつ短歌も作っている私の読書日記。毎日出会うさまざまな本への思いを中心に、日々の出来事やその感想についても綴ります。おつきあいいただければうれしいです。

チョコレートコスモス

最近読んだ本には当たりが多いのだけど、中でも恩田陸さんの『チョコレートコスモス』は素晴しい小説でした。テーマは演劇。『ガラスの仮面』の影響を受けているのは明らかだけれど、オリジナリティがあり、単なる二番煎じではない面白さがありました。演劇界のサラブレッドとして育った若き名女優と、演劇を始めたばかりで未知数だけど、天才的な素質を秘めた少女の二人が主人公。サキの『開いた窓』、テネシー・ウィリアムズの『欲望という名の電車』によるオーディションのシーンは、凄まじい迫力に溢れた描写で、ぐんぐん読みすすめられました。読み終えたとき、美味しい食事をお腹いっぱい楽しんだような満足感がありました。続篇もあるそうなので、大いに期待しています

スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Serenie

Author:Serenie
セリーニーと読みます。東京に住む女性です。
小説や評論を書いています。短歌も作ります。
翻訳の経験もあり、訳書が一冊あります。
趣味は読書のほか、音楽・演劇・美術鑑賞など。

アクセスカウント