FC2ブログ

小説や評論を書きつつ短歌も作っている私の読書日記。毎日出会うさまざまな本への思いを中心に、日々の出来事やその感想についても綴ります。おつきあいいただければうれしいです。

自作短歌 その②

垂乳根の母さん牛のメグミルク温めて飲む風邪気味の午後

これも初期の一首です。「垂乳根の」は「母」にかかる枕詞。「メグミルク」の「メグミ」と「恵み」(乳牛からの恵みとしての牛乳)を掛詞にしてみました。私にしては珍しくレトリカルな試みでした。風邪をひいた日の午後の、少し微熱があるときのボーッとした感じを出したいなと思って作ってみました。
スポンサーサイト



プロフィール

Serenie

Author:Serenie
セリーニーと読みます。東京に住む女性です。
小説や評論を書いています。短歌も作ります。
翻訳の経験もあり、訳書が一冊あります。
趣味は読書のほか、音楽・演劇・美術鑑賞など。

アクセスカウント