FC2ブログ

小説や評論を書きつつ短歌も作っている私の読書日記。毎日出会うさまざまな本への思いを中心に、日々の出来事やその感想についても綴ります。おつきあいいただければうれしいです。

旭天鵬関おめでとう!

夏場所は旭天鵬関の優勝で終わりましたね。正直誰も予想していなかった展開ではないでしょうか。

彼はモンゴル出身力士の先駆けのような存在なわけですが、来日した頃はいろいろ大変だったようですね。
稽古が辛くて逃げ帰ったこともあったそうですが、地道に努力してきてほんとうによかったですね。
コツコツ努力する人は必ず報われるということの見本みたいな人ではないでしょうか。見ていてほんとうに勇気づけられます。

みごとな優勝、ほんとうにおめでとう!
スポンサーサイト



ドストエフスキー「カラマーゾフの兄弟」

「カラマーゾフの兄弟」を夢中で読んでいるところです。
ドストエフスキーは以前に「罪と罰」を読んで、どうもピンと来なかったのですが、いろいろな人が誉めているのを読んで、なんとか理解できるようになりたいと思っていました。

「カラマーゾフの兄弟」も、最初のほうはあまりピンと来なかったのですが、上巻の後半になってやっと面白くなってきました。人間を観察する視点がすばらしいと思います。主人公のアリョーシャという青年の純粋無垢なところが魅力的です。

全部読み終えたら改めて感想を書きたいです。上・中・下巻とあってまだ中巻に入ったばかりなので、先は長いのですが。
プロフィール

Serenie

Author:Serenie
セリーニーと読みます。東京に住む女性です。
小説や評論を書いています。短歌も作ります。
翻訳の経験もあり、訳書が一冊あります。
趣味は読書のほか、音楽・演劇・美術鑑賞など。

アクセスカウント